CATEGORY

シンガポール・フィンテック

  • 2021年5月2日

【シンガポール・フィンテック】2021年度デジタル決済の現状は?もう現金はいらない?

ACCUITYがデジタル決済に関するレポート「IS THIS REALLY GOODBY TO CASH?」を公表、デジタル決済の現状及び今後について概説されています。 ACCUITYは、創業180年の金融コンプライアンスのコンサルティング会社であり、世界中の銀行や企業に対してコンサルティングサービ […]

  • 2021年4月20日

【シンガポール・暗号通貨】シンガポールで利用可能な暗号通貨取引所とアカウント開設方法。

シンガポールでも暗号通貨への投資は盛り上がりをみせており、投資を考える方も増えてきているのではないでしょうか。 シンガポールで暗号通貨をどのように購入することができるか、本記事にまとめておきたいと思います。   シンガポールで利用可能な暗号通貨取引所 暗号通貨の取引を行うためには、暗号通貨 […]

  • 2021年4月18日

【シンガポール・フィンテック】シンガポールのロボ・アドバイザー。

資産運用には株式や投資信託、金をはじめ無数の選択肢があり、自分のニーズに合った投資運用を行うには高度な専門的知識が必要です。 ところが近年ではIT技術の発展により、資産運用を自動で行ってくれるロボアドバイザーが数多く登場しています。 コロナの影響で投資意欲が世界的に高まっており、ロボアドバイザーへの […]

  • 2021年3月7日

APACの高度デジタル人材比率でシンガポールは1位。日本は?。デジタル人材に関する報告書。

アマゾン・ウェブサービスにより、APACのデジタル人材に関する報告書「APACのデジタル潜在力を解き放つ(Unlocking APAC’s Digital Potential)」が公表されました。 本報告書によると、シンガポールでは高度デジタルスキルを身につけた労働者は全体の22%を占め、APAC( […]

  • 2021年1月30日

【シンガポール・フィンテック】DBS銀行、監査の残高確認をデジタル化へ。

シンガポールのメガバンクの一角、DBS銀行が会計監査に必要な残高確認をデジタル化することを発表しました。 監査の残高確認手続 残高確認は、監査の最も重要な手続きの一つで、銀行の有する企業の財務情報について、会計監査人が問い合わせ、その情報をもって財務諸表の適切性を確認する手続きです。確認作業は、企業 […]

  • 2021年1月9日

【シンガポール・フィンテック】2020年〜2021年のウェルステック事情。

シンガポールは富裕層が多いこともあり、ウェルステックのスタートアップ企業が多く出てきています。 ウェルステック IT技術を活用した資産運用・資産管理サービス。金融におけるIT技術融合の代表的な分野。 今回は、Fintech Singaporeの記事を参考に、シンガポールにおけるウェルステック事情につ […]

  • 2020年12月31日

2020年度シンガポールのM&A事情について解説。

Duff&Phelpsが、2020年度の東南アジア地域におけるエクイティ取引に関する報告書「Transaction Trail Report」を発表しました。 エクイティ取引にはM&A、プライベートエクイティ・ベンチャーキャピタル投資、新規株式公開(IPO)などが該当します。 今回はDuff […]