TAG

法人税

  • 2021年2月4日

【シンガポール・税務】事前税務裁定(Tax Advance Ruling)で税務処理の取扱いを確認。

シンガポールの税務において取り扱いが不明な場合、「事前税務裁定(Tax Advance Ruling)」の制度が認められています。 事前税務裁定(Tax Advance Ruling)とは 事前税務裁定(Tax Advance Ruling)とは、ある取引において税務上の取り扱いが不明瞭な場合に、税 […]

  • 2020年4月20日

シンガポール法人税の損金について詳しく解説。

シンガポールの会社法人税計算は、非常にシンプルです。日本ですと事業税や住民税などの影響があったり、複雑な調整項目があったりしますが、シンガポールは原則として税率17%の法人税一本であり、税務当局としてもなるべく税務申告の負荷を減らして事業運営の効率化を進めることを目指していますので、制度はシンプルに […]

  • 2020年4月19日

シンガポール法人税の課税対象所得は?免税スキームも解説。

シンガポールは法人税率17%と、低税率国となっておりますが、原則として、決算日から2ヶ月以内に法人税の申告を行う必要があります。 シンガポールの会社法人税計算は、非常にシンプルです。日本ですと事業税や住民税などの影響があったり、複雑な調整項目があったりしますが、シンガポールは原則として税率17%の法 […]

  • 2020年4月1日

シンガポールGSTの税務調査。

GSTとは、Goods and Service Taxの略で、日本における消費税に該当します。シンガポールでのGST料率は7%であり、そのコンプライアンスを担保するため、税務当局であるIRASのGST部門監査官(Comptroller of Goods and Services Tax)が税務調査を […]

  • 2020年3月27日

シンガポールの消費税・GSTの制度概要。

日本において、消費税率の引き上げは何かと話題になりますが、シンガポールにおいても同様の税制があります。その名もGST(Goods and Service Tax)です。 日本の消費税と同様、シンガポールのGSTも、物品・サービスの付加価値に課税される付加価値税ですが、その実務において異なるところも多 […]

  • 2020年3月14日

(図解)シンガポールにおける法人税の申告方法

シンガポール法人税申告の流れ 日本において法人税の申告は、原則として決算日後2ヶ月以内に提出する必要があります。(ただし、株主総会が決算日後3ヶ月目に行われるなどの理由で、実務上は3ヶ月末まで延長されることが通常です。) 一方、シンガポール法人税申告の手順は日本と少し異なっており注意が必要です。 決 […]