MONTH

2021年5月

  • 2021年5月30日

各国のリスクと回復力はどのようなもの?2021年度世界回復力指数(Global Resilience Index)。

150年の歴史を有する、米国の相互保険会社FM GLOBALがGlobal Resilience Index (世界回復力指数)を発表しました。 このGlobal Resilience Index (世界回復力指数)は、130ヶ国を対象にリスク、及びそれ対する回復力を評価し、ランク付けするものです。 […]

  • 2021年5月29日

2021年度「エリートの質」指数はシンガポールが世界1位。日本は?

スイスのセントガレン大学が公表した調査レポート「エリートの質指数(Elite Quality Index 2021)」を公表、シンガポールが世界1位と評価されました。 当記事では、2021年度の「エリートの質指数(Elite Quality Index)」について解説したいと思います。 「エリートの […]

  • 2021年5月26日

シンガポール固定資産税(Property Tax)の概要。

シンガポールでは、特定の固定資産の所有について固定資産税(Property Tax)が課税されます。 地震などの不動産シンガポールの不動産は外国人でも永住権者の住居目的、また投資賃貸目的で保有する方も少なくありません。 国土が広くないシンガポールでは、不動産の供給も限られているため値崩れしにくく、投 […]

  • 2021年5月23日

【シンガポール・印紙税】デジタル文書・電子契約書の印紙税について解説。

ビジネス上の取引において、双方の合意のもと条件を記載した契約書を取り交わすことは非常に重要です。 そして、多くの国において、このようなビジネス文書に対して印紙税(Stamp Duty)が課税されます。 近年では、PDFなどの電子的な媒体で契約書を作成するケースも増えています。 それでは、このような「 […]

  • 2021年5月23日

シンガポールにおける印紙税(Stamp Duty)の概要。

シンガポールの税金のひとつに印紙税(Stamp Duty)があります。 印紙税とは 日常の経済取引伴って作成する契約書や金銭の受取書(領収書)など特定の文書に課税される税金(日本国税庁HPより) 今回は、シンガポールの印紙税について解説したいと思います。 1.シンガポールにおける印紙税の対象 日本で […]

  • 2021年5月16日

【書評・要約】アジアで埋没していく日本企業が取るべき戦略は?「アジア経済とは何か 躍進のダイナミズムと日本の活路」。

アジアにおける日本のプレゼンス低下に歯止めがかかりません。 2010年に中国のGDPが日本を超え、2020年には一人あたりGDP(購買力平価換算)が韓国に抜かれてしまいました。 東南アジア諸国の経済も急速に発展しており、今まで「発展途上国」として見てきた国々と日本企業が競争関係となる時代に突入してい […]

  • 2021年5月14日

2021年度シンガポールの「就職したい会社ランキング」。シンガポール人に好まれる職場とは?

世界大手の教育系メディア企業GTIのシンガポール法人であるGTI Singaporeがシンガポール版「就職したい会社ランキング2021」を発表しました。 このランキングは、シンガポールの大学を卒業した13,900人の学生及び新入社員に対して2020年6月〜2021年2月の間で調査を実施したもの。 ト […]

  • 2021年5月10日

【書評・要約】アジアの資本主義のカタチとは?アジアの未来予測に必読の書「アジア資本主義」。

ここ20年のアジアの経済発展は、目を瞠るものであることは疑いようもありません。 アジアはいかにして急速に経済発展できたか、そして今後も成長を続けて行くことができるのか。 この問いを考えるにあたり考慮すべき重要なポイントが、アジアの独特な経済イデオロギーです。 東南アジアの経済イデオロギーは、ベトナム […]

  • 2021年5月8日

シンガポール、アジア新興国におけるスタートアップ投資に関する調査報告書。

日本貿易振興機構(ジェトロ)が2021年4月付で、調査報告書「アジア新興国における競争力強化に資するスタートアップ投資に関する調査」を公表しました。 これは、東南アジア諸国及びインドにおけるスタートアップ投資の状況について詳細に調査した196ページからなる報告書です。 シンガポールに該当する項目は以 […]