シンガポールのM&A取引金額、ビッグ・ディールはどこ?トップ5社。

シンガポールは、発達したインフラ、金融、そして国を挙げたサポートなどで魅力的なビジネス環境として認知されており、世界中から先端技術や優秀な人材が集まっています。

関連記事

シンガポールは、スタートアップ・中小企業に対して補助金や融資など様々な支援を提供しています。 企業に対する補助金や融資は「エンタープライズ・シンガポール」が管轄しています。 エンタープライズ・シンガポール(Enterprise[…]

 

そのような状況の中、多くのベンチャー企業が生まれてきていますが、今回シンガポールのニュースサイトTech in Asiaで、シンガポールにおけるExit (投資回収)金額トップ20が特集されています。

当記事では上位5社について紹介したいと思います。

BIGO:14億USD(2019年)

BIGOは、2014年に設立された、シンガポールに拠点をおくライブストリーミング・プラットフォーム。「BIGO LIVE」を運営しています。

2020年4月時点で4億人のユーザー登録があり、150ヶ国で利用されています。

2019年より、14億USDのM&AによりNASDAQ上場の中国資本JOYY INC.の完全子会社となっています。

 

Lazada:10億USD(2016年)

Lazadaは、シンガポールに拠点を置く、EC企業です。

東南アジアのAmazonともいえるサービスですが、最近はShopeeに抜かれて利用者数はシンガポールで2番目のECサイトとなっています。

2016年に中国アリババグループに10億ドルで買収され、アリババグループの傘下となっています。

TechCrunch

Alibaba has reshuffled the leadership at Lazada, its e-comme…

 

Sea Group:8.9億USD(年)

Sea groupは2009年にシンガポールで設立されたIT企業で、シンガポールのEコマース首位Shopee、ゲーム事業のGarana、フィンテックのSeaMoneyを事業の柱としています。

2020年度の売上高は43億シンガポールドル(約4800億円)で、急速に成長しているシンガポールの注目ベンチャーです。

旅リーマンどっとこむ

最近、米国株投資家の中で何かと話題になっているシンガポール発の巨大テック企業SEA Group。東南アジア在住6年の僕で…

 

Viki:2億USD(2013年)

Vikiはもともと2007年にカリフォルニアで設立された会社で、シンガポールのベンチャーム向けファンドNeoteny Labsの出資により設立されているとのことです。

2013年に楽天に2億USDので買収され、現在楽天の子会社となっています。

Netflixのようなコンテンツストリーミングサービスを提供しています。ユーザーが字幕をつけることができるサービスがあり、ユーザーは貢献度に応じて報酬が分配される仕組みで、マイナー言語でもコンテンツが楽しめる仕組みがあります。

TechCrunch Japan

また1つ、11月12日のTechCrunch Tokyo 2013のセッションが確定したのでお知らせしたい。楽天がGoo…

Lomotif:1.2億USD(2021年)

Lomotifは、2014年に設立されたシンガポール発のショートビデオ投稿アプリ。

中国製アプリの利用が禁止されたインドでは、ライバルアプリのTiktokに代わり、ユーザーの拡大が続いているようです。

NASDAQ上場のベンチャーキャピタルVinco Venturesなどから1.2億円USDで買収されています。

The Economic Times

The imminent entry comes at a time when the short-video spac…

 

さいごに

コンテンツ系、SNS系のサービスが上位に並んでおり、ここらへんのビジネスにお金が集まっていることが見てとれます。

上記の企業は世界的な競争も厳しく、トップブランドとなれるかは未知数ですが、シンガポールを代表するメガベンチャーとして、引き続き世界の注目を浴びることになるのではないでしょうか。

上位20位については、Tech in Asiaの記事をご参照ください。

Tech in Asia

Here’s our regularly updated list of the biggest startup exi…

最新情報をチェックしよう!